三京化成株式会社 SANKYO KASEI CORPORATION
SiteMap
コンセプト 製品情報 事業拠点 会社情報 投資家の皆様へ 環境への取り組み 採用情報 HOME
品質・環境・BCPへの取り組み
品質・環境への取り組み
事業継続計画(BCP)への取り組み

事業継続計画への取組み(BCP:Business Continuity Planning)

三京化成グループの事業継続方針
三京化成グループは、「化学工業薬品、機能製品、合成樹脂、エレクトロニクス用資材、建材資材等」を主体に販売する商社として、また、住宅用内装材のセットアップメーカーとして、予想される広域災害(地震、津波、台風、水害、伝染病等)及び重大な局所災害(火災、故障、事故等)の発生後、人命を尊重し、会社がいち早く事業を再開し、災害に起因する従業者の経済的不安の解消や、生活行動の早期正常化を目指すと共に、非常時において当社グループのレジリエンスを発揮し、できる限りの社会貢献を行うことを目的として「事業継続計画(BCP)」を策定します。
この計画により、お客様への商品・製品の納入を早期に確保、お客様所有資産(情報及び知的財産を含む)の流出防止、保全対策、当社グループ知的財産・ノウハウ流出の保護を行い、お客様のみならず利害関係者に安心を提供し、信頼と満足を得る企業となることを目指します。



三京化成グループのBCMS基本方針
事業継続方針を達成するために下記を実施する
1.BCPを継続的に改善するためにBCMSを導入します。また、BCMSの目的は次の通りです。

@お客様、従業員及び役員、関連企業社員の人命・身体の安全確保
Aお客様満足度の確保
B事業の存続と従業員及び役員の雇用確保
C利害関係者からの安心・信頼の確保
D経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報、知恵、スピード)の確保とBCMS運用原資の確保
E地域との協調及び地域への貢献(行政、地域防災指導に基づき)

2.BCMS方針は、社内及びグループ会社に周知すると共に、社外に公開します。
3.BCMS方針並びにBCMS及び定めた社内規定類、ルール、並びにQMS、EMS、BCMSに関する法令、更には業務上取り交わした契約書等の要求事項を遵守します。
4.BCMSに関わるリスク選好を考慮に入れてリスク基準を設定します。
5.当社グループはBCMSに関する責任者として、経営責任及び権限を有するBCMS統括管理責任者及びサイト長,事業所長を置きます。
6.品質マネジメントシステム(QMS)、環境マネジメントシステム(EMS)と連携し責務を履行します。
7.BCMS演習を定期的に実施し、対応力の維持・向上を図ります。
8.全従業員に対して、職務に応じて必要なBCMSに関する教育・訓練を定期的に実施します。
9.BCMSは定期的及び必要に応じてレビューし、必要な対応の実施と継続的な改善を行います。
(レジリエンス:resilience 復元力、回復力、弾力、困難な状況にしなやかに適応して生き延びる力)

制定日:平成29年4月1日
代表取締役社長 小川和夫

PageTop
 
プライバシーポリシー COPYRIGHT SANKYO KASEI CO.,LTD 2005 ALL RIGHTS RESEVED